So-net無料ブログ作成

母子の絆 [わんこ物語]

sabukun1.jpg

そう言ってるように飼主様を見つめるのは柴犬のサブ君17歳、
1年前からサブ君とお母さん二人だけの生活がはじまりました。

17歳には見えない程のフサフサの毛、太くて凛とした尻尾のサブ君、長年慢性化していた腸炎が悪化、お仕事から戻られたお母さんが部屋のドアを開けると・・・

サブ君は倒れてぐったりしていたそうです・・・
「お仕事で昼間サブ君を一人にしたくないんです・・・」「もう心の準備は出来ているんです、でも誰も居ない部屋でひとりで旅立たせるのは嫌なんです・・・」

それからサブ君は、週に6日介護保育園に通っていましたが炎症がなかなか治まらず獣医に診て頂きました。
お母さんは腸炎が良くなるまでお仕事をお休みされることになり、サブ君はお家での介護になりました。
大好きなお母さんと一緒の時間が過ごせています。
一時はとても危険な状態でしたので、お電話による遠隔アドバイスをしていました。
その一部始終がしっかりノートに書き留められていてサブ君への愛情がとても伝わりました。
なによりも飼主様ご自身がサブ君の今の状態を「知ろう」とするお気持ちがとても強く感じられたので、飼主様ご自身でサブ君の数時間毎のバイタルチェックを出来るようになればと思い、家庭訪問に伺いました。

この写真はその時に撮った写真なのですが、お母様の一生懸命がサブ君の表情を見ていてわかりました。
その後お母さんの努力のかいあってサブ君の下痢もようやくなくなりました。
1日3回こちらからお電話していたのですが、今はお母さんからサブ君のバイタルの報告を頂くようになりました。
「もう何があっても自分で出来るようになったのが嬉しい」と仰っていたお母さん・・・本当に良く頑張られました、頭が下がる思いです。

来週からまたサブ君がBOWOWに来てくれます♪
私達も精一杯のケアをさせて頂きます! サブ君の笑顔が戻って良かったです♪



大変ご無沙汰致しておりました。 [他愛ないお話]

色々ありましたが・・・何事も無かった!
かのように更新を開始致しました。
昔からマイペースな更新でしたので^^;
「今更?w」
とお声を頂きそうです(笑

どうやらまだ思い出にはならず、でも
彼は今も私を守ってくれている気がします^^

musachiru1.jpg

ブログ見て頂いている半数以上の方が
同年代かも?・・・
もしそうなら「この年になると〜?
あちこちガタがきますよね〜^^;」
などというお話もありですよね♪

この半年で私はめっきり老け込み?(笑)
というか、電化製品に例えるなら
定期的にメンテナンスをし、油を十分に
ささないと調子が悪く・・・
なるのではなく!
使用不可になっちゃいます!(笑)

思い当たるものと言えば・・・
更年期障害?

この際なので徹底して検査しよう!
と決意し!
休みの日には病院巡りしてましたぁ^^;

自分の身体に今何が起こっているのか、
独り者の私にとっては重要な問題だ!
と・・・改めて考えさせられました。

みなさんお元気ですか?
身体には何も起こってませんか?

「お年寄りにはこの季節の異常気候が
とても堪えますよね〜^^;」
なんて去年まで言ってましたが!

私自身が既にヤバいです!!(笑)



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。